あなたはペット霊園を利用したことはありますか。
昔とは違い、現在では、ペットが亡くなっても簡単に埋葬する事ができにくくなりました。
そのため、ペット霊園の利用者が右肩上がりに増えているそうです。
では、ペット霊園の利用の仕方や何を行うかご存知ですか。

ペット霊園を経営するのは会社だけでなく、宗教法人が行っている場合があります。
そのため、霊園ごとにどこまで行ってもらえるかが異なりますが、大きく分けて3つあります。
火葬場がないため、ペットの遺骨だけを引き取ってもらえる所、ここではまず火葬をほかの業者に頼まなくてはなりません。
二つ目は火葬場や納骨堂、慰霊碑のある所。ここでは、火葬後に納骨され、合同で火葬した場合は慰霊碑に散骨することになります。
最後は火葬場と納骨堂、慰霊碑と墓地がある場合。こちらは火葬後に遺灰を貰い、墓地に埋葬することができます。
これだけでなく、お別れのための会や霊園まで運ぶサービスやペット専用の棺を用意してくれるところもあります。
ペットが慣れ親しんだ所での葬儀のサービスもでき、どんどんペット葬が多様化してきています。

大切なペットとのお別れは寂しいものです。だからこのようにペット霊園を設置する会社が増えてきたのでしょう。
しかし、亡くなってショックだからといって、全てを業者に任せてしまうのは残念です。
ペットと心を通わせていた飼い主が、まず顔を綺麗にブラッシングしたり、ペットが好きだったものを一緒にしてあげ、
最後の最後までそばにいてあげること、それがわたしたちにできることではないでしょうか。
霊園に入った後も、時々ペットのことを思い出してあげること、それが何より一番の供養でしょう。