今やペットというのは家族の一員として思っている人が多いようです。
そのため、ペットを「一匹」・「一頭」と数えずに「一人」と数えとひとりの人間のように扱っている人もいるでしょう。
それは昔に比べて生活でも大きく様変わりしているようです。
昔は犬や猫を庭先で飼っていたことがほとんどでしたが、最近では室内だけで飼っていて散歩するときだけ外に出すケースも多いようです。
そして、ペットがなくなったときはペット葬儀をすることも増えてきたようです。
家族の一員なのですから、家族と同じように葬式を挙げたいと願いから生まれたのだと思います。
人間と同じようにお坊さんにお経を挙げてもらうところも多いようです。
葬式では家族はもちろんペットを通じてできたペット友達なども参列して行うことも多いようです。
ペットに対してそこまですることを怪訝する声もあるようです。
でも、そこまで命を対等に考えていることは決して悪いことではないと思います。